弁護士費用について

弁護士に事件を相談・依頼する際の費用は,大きく5つあります。

法律相談料法律相談にかかる費用です。
着手金

弁護士に事件を依頼する際に支払う費用です。

事件処理の成果に関わらず,お支払いいただきます。

報酬金

事件処理の結果,成功の程度に応じて弁護士が受け取る費用です。

依頼者が得た経済的利益を基準に算定します。

日当弁護士が事務所を離れ,事件を処理する際に支払う費用です。
実費等

事件処理のために必要となる費用です。

郵便代や裁判を行う場合の印紙代,記録の謄写費用など実際に出費されるものです。

法律相談料

初回法律相談:30分ごとに,5500円

2回目以降は,30分ごとに1万1000円

交通事故(被害者側)は,初回1時間無料相談を実施しています。

労災(労働者側)・債務整理(法人除く)・残業代請求(労働者側)は,初回30分程度,無料相談を実施しています。

顧問料

①法人・個人事業者月3万3000円
②個人事業者以外の個人月5500円
③定額制月5万5000円~

※①と②の顧問契約は,その月の業務量によって,追加で報酬をお支払いいただく場合があります。

 ③の定額制は,訴訟等の裁判手続,交渉事件等の具体的な事件のご依頼以外で,顧問料以上の報酬を追加でいただくことはありません。

着手金・報酬

経済的利益着手金報酬
~300万円

経済的利益の8%×1.1

最低22万円

経済的利益の16%×1.1
300万円~3000万円(経済的利益の5%+9万円)×1.1(経済的利益の10%+18万円)×1.1
3000万円~3億円(経済的利益の3%+69万円)×1.1(経済的利益の6%+138万円)×1.1
3億円~(経済的利益の2%+369万円)×1.1(経済的利益の4%+738万円)×1.1

日当

往復5時間まで3万3000円
往復5時間以上5万5000円
家庭裁判所への期日の出頭1回につき1万円