債務の充当と消滅時効に関する最高裁判決

債権者と債務者との間に複数の債権が存在した場合に,債務者が債務の充当を指定せずに弁済した場合,消滅時効は中断するのか?を判断した最高裁判決を紹介します。

令和2年12月15日最高裁判決

 債権者が,同一の債務者に対して,複数の債権を有していたが,債務者が,債務者の債務の弁済として支払った金額が,複数の債権のどれも完済できない金額だった場合,債権すべてについて,消滅時効は中断するのか?が問題になった事案です。

事案の概要

 Aは,平成16年10月17日,Yに253万5000円を貸し付けた(本件貸付①)。Aは,平成17年9月2日,Yに400万円を貸し付けた(本件貸付②,本件貸付①と②を併せて本件各貸付という)。

 Aは,平成18年5月27日,Yに300万円を貸し付けた(本件貸付③)。

 Yは,平成20年9月3日,弁済を充当すべき債務を指定せず,Aに対し,78万7029円を貸金債務の弁済として支払った。

 Aは,平成25年1月4日に死亡し,Xが本件各貸付に係る各債権を相続した。Xは,平成30年8月27日,Yに対し,本件各貸付に係る各貸金と遅延損害金の支払を求める訴訟を提起した。

争点

 Xからの請求に対し,Yは,本件貸付②と③の債務は消滅時効により消滅したと主張しました。これに対し,Xは,Yが78万7029円を貸金債務の弁済として支払ったことから,本件貸付②と③の債務の承認を行ったとして,消滅時効は中断したと主張しました。

 債務者が,一人の債権者に対して,同種の給付を目的とする複数の債務を負担する場合に,債務者が債務の弁済として,提供した金額をどの債務の弁済に充てるのか?のルールを民法は規定しています(民法488条~491条)。

 この弁済充当のルールに従って,充当されなかった債務についても債務者は,債務を承認したことになり,消滅時効が中断することになるのでしょうか?

原審の判断

 まず,原審は,本件弁済は,法定充当により本件貸付①に充当されるとした上で,以下のように判断しました。

 Yは,本件弁済によって,充当される債務についてのみ承認をしたので,本件貸付②と③の債務については消滅時効は中断せず,本件貸付②と③の債務は時効により消滅した。

最高裁の判断

 同一当事者間に複数の金銭消費貸借契約に基づく各元本債務が存在する場合,借主が弁済を充当すべき債務を指定することなく全債務を完済するのに足りない額の弁済をしたときは,その弁済は,特段の事情がない限り,各元本債務の承認として消滅時効を中断する効力を有する。

 借主は,自らが契約当事者となっている複数の金銭消費貸借契約に基づく各元本債務が存在することを認識しているのが通常で,弁済の際にその弁済を充当すべき債務を指定することができるので,借主が弁済を充当すべき債務を指定することなく弁済をすることは,特段の事情がない限り,各元本債務の全てについて,その存在を知っている旨を表示するものと解される。

 本件弁済がされた当時,AとYの間には本件各貸付に係る各債務が存在し,借主であるYは弁済を充当すべき債務を指定することなく本件弁済をしていて,本件弁済が本件債務②と③の承認としての効力を有しないと解すべき特段の事情はない。

 したがって,本件弁済は,本件債務②と③の承認として消滅時効を中断する効力を有する。